在宅勤務で首や肩が痛い時におすすめのアイテム【5選】

スポンサーリンク
在宅勤務で首や肩が痛い時におすすめのアイテム【5選】

 こんにちは、ふくちゃんです。

コロナウイルスの拡大によって、在宅勤務・リモートワークという言葉も聞き慣れましたね。

私もよく在宅勤務をするのですが、会社ではデスクトップパソコン、在宅勤務の時にはノートパソコンを使っています。

ただ、家はあまり仕事をする環境としては整っておらず、在宅勤務の方が首や肩が痛くなってしまう、と感じることが多かったです。

そんな時に、いくつかのアイテムを導入したことで、今ではほとんど首や肩がしんどいと感じなくなりました。

この記事では、

・在宅勤務が多くなって首や肩がしんどい

・首や肩を楽にする方法が知りたい

といった方におすすめのアイテムを5つ紹介します。


スポンサーリンク

在宅勤務で首や肩が痛い時におすすめのアイテム【5選】

 在宅勤務で首や肩が痛くなってしまう原因はなんでしょうか?

考えられる原因は↓です。

・在宅勤務をする環境が、会社で勤務する環境より悪い
もともと痛めていた首や肩が在宅勤務の環境でさらに悪化する

それぞれの原因について、おすすめのアイテムを紹介していきます。


在宅勤務で首や肩が痛い時におすすめのアイテム【PC周り編】

 会社勤務で働いている方は、多くの方がデスクトップPCかノートPCをモニタにつなぐ形で、大画面で仕事をしていることが多いのではないでしょうか?

また、マウスなどPC周りのアイテムについても仕事をしやすいように、こだわりのものを使っている方も多いと思います。

しかし、在宅勤務となると、会社支給のノートPCの小さい画面で、PC周りのアイテムも揃えずに仕事をしている方が多いのではないでしょうか?

この項目では、在宅勤務用の環境としておすすめのアイテムを紹介していきます。

在宅勤務おすすめアイテム① PCモニタ

 PCモニタにはさまざまなメーカ・サイズのものがあります。

好みは人それぞれですが、サイズについては、23.8型がおすすめです。

ワイドモニタであれば、画面が大きく、みやすいので肩や首に余計な力が入りません。

また、一つのモニタでメールやExcelといった複数のアプリを開くことができるので、作業効率が格段に上がります。

追加条件として、できるだけ保証の長いモニタを選ぶことも重要です。

上で紹介したフィリップスのモニタは5年間保証なので、アフターコロナで在宅勤務が主流になったとしても安心です。

在宅勤務おすすめアイテム② ノートPC用スタンド

 モニタは欲しいけど、置くスペースがない。。。という方にはノートPC用スタンドがおすすめです。

首や肩が痛くなってしまう原因は、「悪い姿勢で長時間固まってしまう」ということが多いです。

ノートPC用スタンドを使用すれば、背筋を伸ばした正しい姿勢で仕事ができるようになるので、体への負担を軽減することができます。

値段もモニタを導入するよりは安く済むため、在宅勤務環境にあまりお金をかけたくない方にはおすすめです。

在宅勤務おすすめアイテム③ トラックボールマウス

 在宅勤務中にワイヤレスマウスを既に使っているという方は多いと思います。

今回紹介するのは、普通のマウスとは少し異なる、「トラックボールマウス」です。

普通のマウスのようにマウス自体を動かすことでPC上のポイントを動かすのではなく、親指側のボールを回すことでポイントを動かすことができます。

最初は違和感を感じますが、1日使っていると慣れてきます。

腕を動かさずにPCのポイントを動かせるので、肩周りの疲労を軽減することができます。


在宅勤務で首や肩が痛い時におすすめのアイテム【痛みを元から無くす編】

 在宅勤務になる前から、首や肩が痛かったという方は、在宅勤務による勤務環境の悪化で余計痛みがひどくなっているかもしれません。

そういった方はPC周りの環境を整えただけでは、「痛みが軽くなるだけで痛いのは痛い」可能性があります。

この項目では、痛みを元からなくすためのアイテムを紹介します。

在宅勤務おすすめアイテム④ ファイテン RAKUWAネックレス

 ファイテンは、健康な暮らしを支えるためのアイテムをたくさん作っているメーカです。

ここで紹介するのは、RAKUWAネックレスというもので、いわゆる「磁気ネックレス」です。

「磁気ネックレス」は様々なメーカーが出しており、私自身本当に効果があるのか、疑わしかったのが最初の印象でした。

試しに使ってみると、本当に首や肩が楽になった気がして、それからは手放せない一品となりました。

フィギアスケーターの羽生選手がつけていたり、箱根駅伝のランナーたちもファイテンの商品を身につけていたので、ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか?

↓から色んなネックレスを見ることができます。

在宅勤務おすすめアイテム⑤ ファイテン パワーテープ

 続いてのおすすめもファイテンの商品です。

パワーテープはネックレスではなく、シール上の商品で痛みが気になる部分にピンポイントで貼ることができます。

パワーテープは1枚あたり10円程度なので、「ファイテンの磁気の効果を試してみたい!」という方には導入としておすすめです。

ちなみに私は、痛みのひどかった首元にはこのパワーテープを貼ってネックレスも巻いていました。

2〜3日くらいでだいぶ体が軽くなったように感じたので、ぜひ試してみてください。




まとめ

 この記事では、在宅勤務で首や肩が痛い時におすすめのアイテムを5つ紹介してきました。

在宅勤務の環境を整えつつ、自分の体の痛みの元を無くしていけば、以前より健康な体で仕事をすることができます。

全部一気に揃えるとお金もかかってしまうので、どれか1つからでも導入してもらえれば、少しずつ首や肩の痛みは軽減していくと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。




コメント

タイトルとURLをコピーしました