2020ルヴァンカップ決勝観戦記録【柏レイソルVS FC東京】

スポンサーリンク

 こんにちは、ふくちゃんです。

この記事では、2021/1/4に行われた2020ルヴァンカップの決勝戦、柏レイソルVS FC東京の一戦について、感想を書いていきたいと思います。

超個人的感想ですが、よければお付き合いください。

スポンサーリンク

2020ルヴァンカップ決勝観戦記録【柏レイソルVS FC東京】

 ルヴァンカップは昨年度のJ1リーグ所属チーム+昇格組みのチームによって戦う、リーグカップです。

我らがガンバ大阪は、グループリーグにて敗戦してしまいました。

本来であれば、年内に行われる決勝戦ですが、コロナウイルスの影響で年明けに延期されていました。

今年の顔合わせは、JリーグMVPのオルンガを擁する柏レイソルとJリーグ王者川崎フロンターレを下したFC東京の一戦となりました。

スターティングメンバー・注目選手

 両チームのスターティングメンバーは以下の通りです。

柏レイソルの注目はやはり今年のJ1MVPオルンガですね。

今年のガンバVSレイソルの試合を生観戦した際に、オルンガのシュート練習をみましたが、シュート力が半端ないです。

オルンガを支えるクリスティアーノと江坂との関係にも注目です。

一方のFC東京の注目選手はレアンドロです。

開幕当初はディエゴ・オリヴェイラ、アダイウトンとのブラジル人トリオでJリーグを沸かせました。

更に今年のレアンドロは直接FKも決めており、ノった時は止められません。

アントラーズ時代はFKのイメージはあまりありませんでしたが、相当精度が高いですね。

 

前半戦感想

 前半戦は立ち上がりからFC東京がボールを支配する展開でのスタートでした。

両チームとも中盤での球際の勝負で勝った方が、一気に前線まで攻め込む展開が続きました。

そして前半15分、中盤からのドリブルで左サイドを駆け上がったFC東京レアンドロがDFを抜き去り、先制ゴールを決めました。

一方の柏レイソルですが、オルンガにボールを入れた時はシュートまでつながりましたが、中々ボールが入れられない場面が多かった印象です。

FC東京の名将・長谷川健太監督がこの一戦では、普段CBの森重をボランチ起用していたことがハマり、いい形でオルンガへのボール供給を止めていた形でした。(実際、オルンガも結構イライラしているようでしたね。)

前半の中盤〜終盤にかけては、両チームとも中盤すっ飛ばしでアタッキングサードでの展開が多かったです。

やはり強力FWが両チームにいるだけに、ゴール前の攻防は見てて楽しいですね。

FC東京リードで前半終了かと思われましたが、前半44分にCKからのシュートのこぼれ球を瀬川が押し込み、柏レイソルが同点に追いつきました。

決勝戦としては結構面白い試合展開となりました。

 

後半戦感想

 後半立ち上がりは、前半とは異なり、中盤でボールが回り始めました。

ただ、球際の攻防は激しいままだったので、見応えがありました。

柏レイソルがオルンガを囮にした攻撃や、デザインされたCKでシュートを放つなど、後半15分頃までは、柏レイソルの時間が続きました。

しかし、後半20分にFC東京レアンドロが、自ら倒されて得たFKをゴール右隅ポストに直撃させてから流れが変わりました。(やっぱりFKめちゃくちゃ上手いですねレアンドロ)

FKの直後に投入されたFC東京FWアダイウトンが投入されると、FC東京ペースが続きます。

そして後半28分には采配ドンピシャでアダイウトンがゴールを奪いFC東京が2-1とリードします。

ここから、柏レイソルは交代選手を一気に投入して攻勢を強めますが、FC東京が最後までゴールを奪わせず、試合終了となりました。

試合を終えて

 両チームとも強力FWによるロングカウンターを武器にしていただけあってかなり見応えのある試合でした。

ロングカウンターの数は今年のJリーグで柏レイソルが1位、FC東京が2位だそうです。

FC東京の勝因はやはり、レアンドロがノリノリだったことと、柏レイソルのオルンガに良い形でシュートを打たせなかったことが大きかったですね。

あとは、交代選手のアダイウトンがしっかり結果を出して勝負を決めてきました。

正直、あの時間帯にアダイウトン投入できる選手層はうらやましいです。

柏レイソルはオルンガが移籍しなければ、来年も物凄い脅威ですね。

 最後になりますが、FC東京 優勝おめでとうございます。

来年こそは、我らがガンバにこの舞台に立ってほしいです。。。

今シーズンのJリーグ日程はこれにて終了です。

ただ、移籍市場真っ只中なので、毎日楽しみですね。

読んでいただき、ありがとうございます。



JリーグはDAZNでみよう!!

DAZN

コメント

タイトルとURLをコピーしました