【ガンバ大阪】2021シーズンへの期待【富士ゼロックススーパーカップレビュー】

スポンサーリンク
【ガンバ大阪】2021シーズンへの期待【富士ゼロックススーパーカップレビュー】

 こんにちは、ふくちゃんです。

2/20に今年の日本サッカーシーズンの開幕を告げる富士ゼロックススーパーカップが行われました。

我らがガンバ大阪は昨シーズンの雪辱を期して、川崎フロンターレと対戦しましたが、終了間際の失点で2-3と惜しくも敗戦を喫しました。

しかし、昨シーズンは3試合で1点も取れなかった川崎に対し、一時は同点に追いつくなど、2021シーズンへの期待が高まる試合内容でした。

この記事では、富士ゼロックススーパーカップを通してみえたガンバ大阪の2021シーズンの戦い方について考察していきます。


スポンサーリンク

【ガンバ大阪】2021シーズンへの期待【富士ゼロックススーパーカップレビュー】

 富士ゼロックススーパーカップはJリーグ開幕直前に行われるカップ戦です。

スーパーカップには前年度のJ1リーグ王者と天皇杯王者が出場します。

2020シーズンは川崎フロンターレがJ1・天皇杯の二冠を達成したため、J1 2位・天皇杯準優勝のガンバ大阪との対決となりました。

試合結果は2-3で川崎フロンターレが今シーズン初めてのタイトルを獲得しました。

敗れた我らがガンバ大阪ですが、昨シーズンにはなかった新しい戦術を見ることができ、2021シーズンへの四冠(J1・天皇杯・ルヴァンカップ・ACL)へ、期待が持てる内容となりました。

スーパーカップの試合内容から見えたガンバ大阪の戦い方について考察していきます。


ガンバ大阪2021シーズンへの期待① 新フォーメーション

 2020シーズンのガンバ大阪の基本フォーメーションは↓のような4-4-2が基本となっていました。

しかし、スーパーカップでは昨シーズンにはなかった↓のような4-3-3でのスタートとなりました。

新フォーメーション自体にも新鮮味がありましたが、右SBに本職がサイドハーフの小野瀬、右WGに本職が中盤の矢島を置いたことは驚きでした。

前線の人数増による攻め手の増加

 試合の立ち上がりからいい形でプレスをかけれていたガンバ大阪でしたが、失点を重ねるにつれ押し込まれる展開が続きました。

しかし、後半頭から再度プレスが機能し始め、立て続けの得点で去年3試合で1点も取れなかった川崎を相手に一時同点に追いつきました。

この要因として挙げられるのは、↓の2点です。

・昨年のダブルボランチから、ワンボランチ+インサイドハーフ2枚への変更
・2トップから前線3枚への変更

この変更により、単純にゴールの近くでプレーする人数が昨年より増えたことで、数で押し込めるシーンが昨シーズンよりも増えました。

2点目のパトリックのPKのシーンもペナルティエリア内での人数を増やし、パスコースを増やしたことによって奪えたものでした。

また、右WGにパスを捌ける矢島を入れることで、深いところでもボールを回しながら攻めることができたのは、今シーズンを戦う上で大きなオプションとなります。

偽サイドバックという考え方

 本職ではない右SBに入った小野瀬ですが、攻撃面では内側に入ってボール回しに参加するシーンが多く見受けられました。

これは、世界のサッカーでトレンドとなっている偽サイドバックを宮本監督が導入してきたのではないか、と考えることができます。

最も有名な偽サイドバックはマンチェスターシティのカンセロです。

「カンセロロール」とも呼ばれる彼の役割は、従来のサイドバックのようにライン際に張り付いて攻め時にオーバーラップでクロスを上げるだけでなく、ビルドアップに参加して、自ら攻撃の起点となる役割をこなします。

小野瀬はドリブルも上手く、ボールキープもできるタイプです。

小野瀬が内側に入ってビルドアップに参加すれば、前線の3トップにつく相手ディフェンスがズレだし、一気にチャンスになる形も作ることができます。

DFでは昨年の右SBレギュラーだった高尾もドリブルでの推進力を持っていますし、MF福田も昨年のSBの経験を生かし、偽サイドバックのオプションになり得ます。

ガンバ大阪2021シーズンへの期待② 新戦力躍動の予感

 スーパーカップでは、レアンドロ・ペレイラ、チアゴ・アウベスといった新戦力がガンバ大阪でのデビューを飾りました。

このブラジル人新戦力についても躍動の可能性を感じることができました。

レアンドロ・ペレイラ加入によるツインタワー形成

 レアンドロ・ペレイラはサンフレッチェ広島から加入したFWで昨年は15得点とリーグ3位の得点数を誇りました。

決定力もさることながら、190cmの長身を生かした空中戦の強さもペレイラの魅力です。

ガンバ大阪には189cmのパトリックがおり、昨シーズンは絶対的な空中戦の強さを誇りました。

パトリックとペレイラがFWに入れば、J1屈指の空中戦の強さを誇るツインタワーが完成します。

実際にスーパーカップでもFKからペレイラの惜しいヘディングシュートがありました。

昨シーズンのセットプレー時のターゲットはパトリックとCB陣でしたが、2021シーズンはここにペレイラも加わるため、セットプレーでの得点が倍増する可能性があります。

チアゴ・アウベスはFWではなく、サイドハーフとしての起用?

 宮本監督はペレイラとチアゴ・アウベスを投入したタイミングで、フォーメーションを4-3-3から4-4-2に変更しました。

チアゴ・アウベスは右サイドハーフでの起用となり、投入された直後には決定機も迎えました。

昨シーズンは右サイドハーフのレギュラーは小野瀬でしたが、先述の偽サイドバックとして小野瀬を置く場合、チアゴ・アウベスを右サイドハーフとして使う可能性が高そうです。

サイドハーフのバックアッパーは昨シーズンから求められていたポジションのため、結果を残せばチアゴ・アウベスの定着もありえます。

4-3-3のポジションでチアゴ・アウベスを使う場合は右ウイングに入れてパトリック・ペレイラとブラジル人3トップを形成してみても面白いかもしれません。




まとめ

 この記事では、富士ゼロックススーパーカップを通して見えたガンバ大阪の2021シーズンの戦い方について、考察してきました。

新フォーメーション4-3-3は一つのオプションなのか、それともシーズンを戦い抜くレギュラーフォーメーションなのか、その答えはJ1リーグ開幕戦で明らかになると考えています。

まずは2/27の開幕カード・ヴィッセル神戸戦で勝利して、四冠を目指すシーズンを幸先よく幕開けて欲しいところです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

J1リーグ開幕戦はDAZNで応援しましょう!!








コメント

タイトルとURLをコピーしました